お知らせ
皆でPCを確認している様子

一昔前は、株式投資は何か怪しいもの、よくないもののように扱われていました。
これは、投資やお金に関する教育を日本ではやってこなかったからだと言えますが、今は、それを積極的に学ぼうという人が増えています。
そして、政府も経済対策として株価を上げるため、投資を奨励し、政策の中でNISA(非課税投資)などでやりやすい環境を整えています。
株式投資は、みんなが豊かに暮らすために必要なものなので良いことです。

こういったことを背景に株式投資を始めようという人は増えています。
しかし、これまで関わっていなかったり、身近な人がしていなければ、全く知る機会がありませんので知識がありません。
さらに、お金を失う可能性のある、とても危ないことということだけ知っています。

これから始めようという方は、まず、初心者向けの書籍がたくさんありますのでそれを読んでみることです。
そうすれば、ただ危険なものという認識はなくなります。
どうやって儲けて、どうなったら損をするのかわかれば、自分なりに考えることができます。

そして、ある程度の知識をつけたら、取引の環境を整え、実際にやってみることです。
聞いたり、見たり、読んだりして得た知識より、はるかに多くを学べます。
そして、早く失敗をすることです。
できれば被害の小さい失敗で、このやり方はダメとか、こういうときはこうしようということをそこから学ぶことです。

株式投資の失敗の多くは、成功して自分を過信するところにあります。
特に初心者が、最初から成功し続けるととても危険です。
投資家であれば、誰もが始めのころに感じていた「株式投資は危ない」という認識を、経験により正しく理解して持っておくことが必要です。

記事一覧

株式の取引は、個人でも手軽に行える時代になっているため、多くの人が始めています。 しかし、実際に利益...

会社を定年退職した後、今まではやる機会がなかったけれど時間もできるので株を新しく始めてみようという人...

為替の情報

現在注目されている企業の一つにテラモーターズがあります。 テラモーターズは2010年に設立されたバイ...

小銭と1万円

少額投資非課税制度NISAを利用するには金融機関にNISA専用の口座を開設するのがまず必要ですが、現...

握手を求める男性

これから株取引を始めようと考えられている方に参考にしていただきたいのですが、まず、初心でも利益を出す...

情報のグラフ

アベノミクスで8000円台の株価が、一時2万円を超えたことがありました。 今はイギリスのEU離脱など...