• ホーム
  • ファイアアイ株は現状ではNISAでの投資がおススメ

ファイアアイ株は現状ではNISAでの投資がおススメ

小銭と1万円

少額投資非課税制度NISAを利用するには金融機関にNISA専用の口座を開設するのがまず必要ですが、現在ではインターネット専門に特化した証券会社も人気があります。
中には外国株を買うことができるところもありますが、どんな商品があるかは会社によって違いますので事前に確認することが必要です。
そのインターネットの世界ではサイバーセキュリティの問題が広く言われていますので、その対策に取り組む企業が国内外とも注目されていまして、外国のファイアアイもその一つです。
このファイアアイはサイバーセキュリティの中でも以前からあるタイプではなく、近年現れた新しいタイプの脅威に立ち向かうシステムを開発中です。

実は現状ではファイアアイの事業はまだ黒字化という段階ではありません。
新しい脅威への対策をとるためには既存の他社とは比較にならないほどの先行投資をしなくてはいけませんし、現在の一般的なセキュリティとも両立するのですからその分の費用もかかります。
ですから世界中で、ファイアアイの新事業が軌道に乗るのは数年後だと考えられています。

ここで適していますのがNISAです。
NISAで購入したものは非課税期間が最長5年間ですのでそもそも長期保有が原則ですし、現在のところNISA制度での投資期間は2023年までとなっていますから、2016年からは7年後です。
ここまで株を持っていますとファイアアイの事業が成功すると言われている時期にちょうど合います。
ですからファイアアイ株はNISAで投資するのに最適ということができます。
NISAと言いますのは一度株を売却してしまいますとその分は再利用ができませんので、短期間に売り買いして儲けるのではなく長期にわたって保有し続けるのが前提です。
日本国内の企業の株を買う場合にも、年度の初めにこのことを頭に置いて最適な投資先を決めることが必要になります。

関連記事