• ホーム
  • 株を買うにはどうしたらいいの?

株を買うにはどうしたらいいの?

情報のグラフ

アベノミクスで8000円台の株価が、一時2万円を超えたことがありました。
今はイギリスのEU離脱などでマーケットが揺らぎ、1万6000円台まで株価が下がってきたこともあり少し前よりかは買いやすい値段になってきました。
そこで株式投資をしようとしても、どこで株を買ったらいいのか分からない場合もあります。

株式投資をする場合証券会社で口座を開かなければなりませんが、その場合昔ながらの店舗に行って証券口座を開く方法と、インターネットで資料を取り寄せネット口座を開く場合があります。
申込用紙に住所などを書き、身分証確認と今ではマイナンバーが導入されたこともあり、その書類も取引するには本人確認のために必要となってきます。
ネット取引は営業の人が担当でつかず、自分の最良で売買ができるため自由ある半面、すべての売買において自己責任になります。
ネットなら銘柄の板情報もかなり細密にみることができるし、銘柄情報やチャートなどのコンテンツが豊富に用意されています。
会社によっては四季報が見ることができるので、自分で取引する環境はかなり用意されています。

店舗に出向いて証券口座を開くと、担当の営業の人がつく場合が多く、株や債券などの金融商品を相談しながら取引することになります。
人と相談できる分、株を買う手数料、株を売る手数料がネットで取引するよりも割高になる場合があります。
自分ではよく分からない場合、市場のテーマになっているものを案内され、納得できたら買うこともでき情報量も含まれています。
たとえば同じ単価で買っても、売買手数料は会社によって違うため、より利益を得たいと思ったら、店舗型よりもネットでの取引の場合のほうが有利な場合もあります。

では実際にどの株を買うのかというのにあたり、特に初心者の方は経験も少ないことですからどれを買えば良いのかわからないということが殆どでしょう。
そういった場合は投資顧問会社の利用をすると良いでしょう。
専門家の知見を基にどの株が狙い目かを教えてくれます。

最近の投稿
    アーカイブ
    サイト内検索